2.9〜4.6 タチョナ×enoco企画 子どもアートワークショップvol.6
《なんだこれ?》サークル メンバーぼしゅう
~ふしぎなことを考えて、やってもらう、やってみる、それをみてみる、みられてみる〜

このページの情報は、終了した事業に関するものです。

アート・センターもしくはアート(表現行為)全般に興味を持つ子どもたち自身が、参加の意思決定から、相互の関係性をつくり、表現内容を決め、どのように見せるかを自身で考えて進めいていくワークショップ。
アプリケーション主導のプログラムではなく、社会および表現の疑問をきっかけに、他者の表現を見たり、ディレクションしたりといった様々な能動的行動を通して(もちろん、自身の表現行為も含む)最終的に発表するといった「編集」の概念を考える。

何が書いているか分からない絵や不思議な動きをするダンス、楽器じゃないもので演奏する音楽、普段は着れないような服・・・アートの世界には「なんだこれ?」って思うことをやっている人がたくさん居ます。その人の「なんだこれ?」を見ていると、何だか自分でも出来そうな気がします。
だから、まずはみんなで仲良くなって、「なんだこれ?」ってことをみんなで考えます。そして、考えたことを他の人にやってもらって、それをみんあで見てみます。もちろん自分でもやってみます。さて、それはアートに見えますか?
そんなことをするサークルに入って、いっしょに活動してくれるメンバーを募集しています。活動期間は2月から春休みが終わるまで。最後はenocoでお客さんを呼んで発表会もやります。

《なんだこれ?》サークル メンバーぼしゅう チラシ (PDF)

*サークルとは?
サークルとは、同じものが好きな人やきょうみのある人が集まって活動するグループのこと。学校のクラブ活動や習いごととはちがって、やることも自分たちで考えて決めます。もともとは英語で「まる」という意味です。

開催概要

日程:全4回(ワークショップ3回+せいかの発表1回)
   ・1回目/2月9日(日)14:00-16:00
    ※2,3回目は参加する子どもたちの都合に合わせて決めます。また内容によっては回数が少し変わるかもしれません。
   ・最終回(発表会)/4月6日(日)14:00-16:00 ※仮

場所:大阪府立江之子島文化芸術創造センター 地下1階/カフェスペース
対象:小学校4年~6年生 / 5〜10名
持ち物:特になし
参加費:無料

申し込み先:大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)
参加ご希望の方は、(1)お名前、(2)連絡先、(3)学年、(4)学校名をご明記の上、メール(art@enokojima-art.jp)またはFAX(06-6441-8151)にてお申し込みください。
※FAX申込の場合は返信用FAX番号をご明記ください。

定員に達したためお申込受付を〆切ました。
なお、今後のお申込は【キャンセル待ち】となります。
キャンセルが発生した場合(空きが出た場合)のみ、2月7日(金)にメールにてご連絡いたします。
(キャンセル待ちお申込の先着順にてご連絡します)

講師プロフィール

岩淵 拓郎(編集者)

こんにちは、ブチョウのいわぶちです。おもに本をつくる編集(へんしゅう)という仕事をしています。好きなものはアートです。友だちを家によんでパーティーをするが好きです。好きな食べ物はぎょうざとマンゴです。食べられない食べ物はサンショウです。いろんなことにきょうみがありますが、勉強も運動もあまりとくいじゃありません。「ブッチーぶちょう」とよんでください。

Copyright © Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka Prefecture. All Rights Reserved.