12.17(展示:12.18〜25)
大阪の芸術事情を探れば、 「地域」×「アート」のマッチングが見えてくる!
大阪芸術事情・事情聴取

「地元イベントに若い人を巻き込みたい、新しい発想がほしい」という地域な人と、
「自分のスキルや表現で、町をもっと楽しくしたい」というアートな人、
どうつながれる?

大阪のアート・クリエイティブを考察し、
「地域」と「アート」のいい関係を探る公開イベント。

近くて遠い、「地域」と「アート」。その関係を近づけるべく、
大阪のアート・クリエイティブの現状をリサーチする「大阪芸術事情」という
Webサイトを立ち上げました。

〈大阪芸術事情・事情聴取〉はそこに寄せられた想いを、
「地域」を元気にしたい方(町会や商店街、お店、住民の方など)と、
「アート」活動をしているアーティストやクリエイターとが一緒になって紐解くことで、
「地域」と「アート」のいい関係を築く方法を探そうという試みです。
地域な方も、アートな方も、ぜひご参加を!
いい関係づくりのヒントを、見つけにきてください。

▼大阪芸術事情サイト
http://www.osaka-art.com/

日時:2016年12月17日(土)15:00〜17:30
会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enoco 1Fルーム4
入場無料
定員:先着50名様
参加対象:
「アート側」自分のスキルやノウハウを使ってこれから町を楽しく面白くしてみたい方!
または実践している方(いわゆる芸術系や、デザイナーさんなど大歓迎!)
「地域側」地域に若い人の発想や面白いアイデアを取り入れたい方!
地元イベントにもっと巻き込みたい方
(いわゆる行政・町内会・商店街・学校・PTA関係のみなさま、
ママさんや地域でサポートしてる方も大歓迎)
自身の地域だけにいてはわからないことや、自分の価値観だけではわからない
アートな発想がお互い見えてきます!

↓↓↓
お申込みフォームはこちら
https://ws.formzu.net/dist/S80608254/
電話受付
06-6753-7485(平日9:30〜18:00/シカトキノコ)

主催:大阪市
共催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター
企画:株式会社シカトキノコ
http://shikatokinoko.com/

 


<プログラム>
ファシリテーター
堀久仁子(特定非営利法人サービスグラント)

1)大阪の「芸術事情」を解明!
パネリスト:甲賀雅章・山下里加・梅山晃佑
「芸術活動が盛んなのは◎◎区」など、意外な事実があらわに!? Webサイト「大阪芸術事情」に寄せられたデータやコメントをもとに、3人の相談員が大阪の芸術事情を考察。アーティスト・クリエイターの想いを公開します。

2)「企画立案」ワークショップ
「ある地域でアートイベントを開催するなら?」をテーマに、色々な企画をみんなでたくさん考えて、そのアイデアをシェアするワークショップです。制約にとらわれず、大喜利みたいな感覚で突拍子もないアイデアもいっぱい出すところから始めましょう!

3)「地域×アート」公開相談
発表:jasmine・田中奈々
大阪市内4地域でワークショップを行った2名のアーティスト・クリエイターと、3名のパネリストによる公開相談。はじめて「地域でアート」を実践した2名の質問や相談に、パネリストが答えます。

=====================

\パネル展示のみ、その後もご覧いただけます/

「大阪芸術事情展」
2017年12月18日(日)〜25日(日)11:00〜19:00
※月曜休館、最終日は16:00まで
入場無料

大阪市内24区にどんなアーティスト・クリエイターがいて、
どんな活動をしているのかをリサーチするWebサイト「大阪芸術事情」の中身を展示。
「アーティストがたくさん住んでいるのは○○区」などのデータから、
表現活動に対する課題や悩みなどのコメントまで多数紹介します。
来場者の方の意見や思いも反映できる、参加型の展示です。

=====================
(同時開催)
パブリック・リデザイン 展&シンポジウム「公共とデザインのこれまでとこれから」

パブリック・リデザイン

Copyright © 2017 Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka Prefecture. All Rights Reserved.