7.29
講演会
大阪の写真表現史 – 近代写真の担い手達からの遺産
なにわの写真道-アマチュアは玄人だ!

この度、大阪新美術館建設準備室とenocoは、講演会「大阪の写真表現史―近代写真の担い手達からの遺産」を開催します。
本講演会は、写真の成り立ちからはじめ、明治・大正から昭和初期までの大阪写壇に見られる近代写真成立の過程を紹介し、そこから現代につながる流れを概観するものです。
多くの方のご来場をお待ちしております。

開催概要

日時:2017年7月29日(土) 13:30〜15:00 ※13:00より受付
定員:40名(申込不要/当日先着順)
参加費:無料
場所:大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enoco 2F・ルーム8
講師:吉田忠司 氏

主催:大阪新美術館建設準備室、enoco
助成:一般財団法人地域創造

お問合せ先:大阪新美術館建設準備室 TEL/06-6469-5190 FAX/06-6469-3897

講師プロフィール

吉田忠司
1951年三重県生まれ、大阪育ち。
1974年日本大学芸術学部写真学科を卒業。写真史家の小沢健志氏に師事。
1976年(株)八百富写真機店に入社。クラシックカメラ店長を務め、2014年退社。
公益財団法人「日本写真協会」会員。
大阪の写真史研究とともに、作品発表も続ける。

Copyright © 2017 Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka Prefecture. All Rights Reserved.