12.6
enocoのそうだん[eno so done!] フォーラム
【enocoのそうだん】シティプロモーションにおけるネットの活用
〜効果的な情報発信のために知っておくべきこと〜

enocoのそうだん[eno so done!] フォーラム
シティプロモーションにおけるネットの活用〜効果的な情報発信のために知っておくべきこと〜

各市町村が取り組むシティプロモーション戦略において、フェイスブックやインスタグラムといった
SNSの活用はもはや必要不可欠なツールとなっています。
SNSを積極的に活用し、フォロワー数や「いいね」数の獲得競争にまで参戦する自治体の取組みがある一方で、
情報の取り扱いに関する諸問題から、まだ十分な活用に至っていない自治体まで、現状は様々です。

そこで、地域課題や社会課題に取り組む行政職員や、まちづくり活動などに関わる市民が抱える悩みや問題を取り上げ、
サポートをおこなってきた「enocoのそうだん [ eno so done]」では、
今回、シティプロモーションにおけるネットの活用をテーマに、公開フォーラムを開催します。

講師には、自治体等におけるネット活用の現状や最新技術に詳しい専門家・山本敬介氏をお招きし、
ネットを活用したシティプロモーション施策の現状と事例、課題を共有いただき、
その上で、プロモーションの「基本」となる「我が地域の情報」がしっかりと整備されていることの重要性について学びます。
さらに「我が地域」のポテンシャルを測定し、どう活かしていくかについての具体的な方法や
キーテクノロジーについてもご紹介いただきます。

後半は、府域の市町村が抱える具体的な課題等も取り上げながら、
インターネットを活用した効果的なシティプロモーションのために、今取り組むべきことなどについて、
ディスカッションを通して考えを深めます。

すでに十分にネット活用をしている方、あるいはこれから取り組もうとしている方、
どのような方々にも今すぐ活用いただける情報やヒント満載のフォーラムとなりますので、ふるってご参加ください。
※なお、本フォーラムの内容は自治体職員を対象にした内容となりますが、広く一般の方にもご参加頂けます。

日時|2017年12月6日(水)13:30〜16:30(13:00受付開始)
会場|enoco1Fルーム4
対象|自治体職員(一般の方もご参加いただけます)
定員|80名(当日先着順受付)
参加費|無料
講師|山本敬介氏(株式会社Geolocation Technology 代表取締役社長)

山本敬介氏 プロフィール:
1974年静岡県生まれ。陸上自衛隊通信部隊での任期満了後、地元静岡のインターネットプロバイダー企業へ転職。当時のクライアントであった県庁からサイトにアクセスする県民の割合調査を依頼され、IPアドレスのエリアターゲットの可能性に気付き、2000年サイバーエリアリサーチ株式会社を設立し、IPアドレスから位置情報を特定するオンリーワン技術を開発。2017年株式会社Geolocation Technologyへ社名変更。現在、特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構副理事長、静岡県警察サイバー犯罪対策テクニカルアドバイザー、一般社団法人ブロックチェーン推進協会リスク管理部会長を務める。

■タイムテーブル

13:30〜 山本敬介氏 基調講演(90分)
15:00〜 休憩(15分)
15:15〜 座談会(60分)「シティプロモーションにおけるネット活用の課題とこれから」
(山本敬介氏、大阪府府民文化部の寺浦薫氏、enoco館長の甲賀雅章)
16:15〜 質疑応答(15分)
16:30  終了予定

主催|enoco

Copyright © 2017 Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka Prefecture. All Rights Reserved.