12.10
「文化自由都市、大阪」Webサイト公開記念フォーラム
『大阪・芸術未来予想図』

『社会のためのアート』を知ろう

アートやクリエイティブの力を、社会にどう生かすか。
Webサイト「文化自由都市、大阪」は 『社会のためのアート』を知ろうをテーマに開設しました。さまざまな社会課題の解決に取り組もうとしている人、アートを通じて社会貢献したいと考えているアーティスト、それをつなぐことができるコーディネーターの役割を果たす人などへの情報発信を目的としています。このたびは、その公開を記念し、大阪の芸術文化の未来を考えるフォーラムを開催します。

「文化自由都市、大阪」Webサイト
http://bjto.osaka-artscouncil.jp/

<イベント概要>
会期|2017年12月10日(日)
時間|10:30~15:00(受付10:00~)
会場|大阪府立江之子島文化芸術創造センター enoco 1F( ルーム4)
入場|無料 先着50名
主催|大阪市
協力|大阪府立江之子島文化芸術創造センター
企画|株式会社シカトキノコ

<第一部|ゲストトーク>
大阪市内で「社会とアートのつなぎ役」を担っている3名のゲストが登壇。
異なる分野で活動する3名が、それぞれの事例について紹介します。

10:40~ 伊藤寿佳子【東成区・大阪チャチャチャバンド】
11:20~ 大川 輝【此花区・見っけ!このはな】
12:00~ 雨森 信【西成区・ブレーカープロジェクト】

<お昼休憩>
12:35~13:35
チラシに掲載されたランチ情報を元に、1時間ほど会場周辺でご休憩ください。

<第二部| 対話型トーク>
第一部のゲストと会場の参加者がグループに分かれて、
ディスカッション。地域とアートに詳しい3名が進行役を務めます。

13:40~
ふだん会わない人、初めての人との対話から、
生まれてくるもの、見えるもの。

進行役
山下里加(大阪アーツカウンシル 専門委員|京都造形芸術大学 教授)
梅山晃佑(コワーキングスペース往来 店主|2畳大学 学長)
藤田ツキト(株式会社シカトキノコ 代表取締役|妄想都市研究家)

<お申し込み方法>
下記フォームよりお申込みください。
https://ws.formzu.net/dist/S22432058/
PC、タブレット、スマートフォン、携帯電話でアクセスできます。

<お問い合わせ>
☎06-6753-7485( 平日10:30~17:00)
株式会社シカトキノコ(担当:さわだ)

 

<第一部 ゲスト プロフィール>

伊藤寿佳子(いとう すよこ)|東成区・大阪チャチャチャバンド
アトリエSUYO 主宰|ひがしなり街道玉手箱 実行委員長
大阪府生まれ。夙川学院短期大学美術学科デザインコース卒業。大阪の播州織物の会社に企画営業として勤務しながら、1995年に織体験工房「アトリエSUYO」をオープン。1998年イタリア・フィレンツェのアートスクール(Academia Italiana Moda)に半年間留学し、手織作家グラツエラ・グイドッティ氏に師事。アトリエの生徒を中心に、知的障がい者のメンバーを含む「大阪チャチャチャバンド」を結成し、プロのバンドとして活動している。自主企画公演やCDリリースのほか、さまざまなイベントや音楽祭にも出演。

 

大川 輝(おおかわ あきら)|此花区・見っけ!このはな
モトタバコヤ 主宰|株式会社POS建築観察設計研究所 代表取締役
大阪府守口市出身。大学で建築・都市計画を学び、コンサル会社、工務店を経て、2009年に「POS建築観察設計研究所」を設立。此花区をベースに、工務店・まちづくり・イベント企画運営・おもしろ物件ツアーを行い、「地域」と「若者の暮らし」の可能性を考える。元たばこ屋を改装したモトタバコヤの1階を日替わりシェアショップとして運営。梅香・四貫島エリアで2008年より開催している街中イベント「見っけ!このはな」では、地域との調整なども行う。梅香エリアでは、地域活動協議会の総務も担当。

 

雨森 信(あめのもり のぶ)|西成区・ブレーカープロジェクト
Breaker Project ディレクター|成安造形大学 客員准教授|
大阪市立大学都市研究プラザ 特別研究員
京都市立芸術大学美術学部卒業、設計事務所、ギャラリー勤務を経て、フリーランスのキュレーターとして活動。2003年より「Breaker Project」を企画、長期に渡る地域密着型のアートプロジェクトを手がける。ほかに「水都大阪2009」「BEPPU PROJECT2010」「札幌国際芸術祭2017」など、さまざまな現場において、独自の表現活動を開拓するアーティストとともに、新たな表現領域を探求。地域に根ざしたアートの実践を通して、現代における「芸術と社会の有効な関係」と、アートマネジメントの役割について研究する。

 

<第二部 進行役 プロフィール>

山下里加(やましたりか)
大阪アーツカウンシル 専門委員|京都造形芸術大学 教授
1990年代より関西のアートシーンを取材・執筆。2000年以降はアートと社会の関係、地方文化政策をテーマに全国を調査・研究する。近年はアートプロデュース学科の学生とともにアートの現状を調査している。

 

 

梅山晃佑(うめやま こうすけ)
コワーキングスペース往来 店主|2畳大学 学長
コワーキングスペース往来を拠点にして、空堀の地域と、地域の外から来るクリエイターが出会って混ざり合うプロジェクトを大小多数実施。自身も空堀に移り住んで約10年。町会では去年から役員も務める。

 

 

藤田ツキト(ふじた つきと)
株式会社シカトキノコ 代表取締役|妄想都市研究家
宝塚造形芸術大学を卒業後、デザイン会社、フリーランス、アート活動を経て起業。中古住宅の購入を機に町内会および地域に巻き込まれる。大阪の未来のため、現実と戦いながら妄想力を日々鍛えている。

Copyright © 2017 Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka Prefecture. All Rights Reserved.