Exploring – 共通するものからみつける芸術のかけら
主催:文化庁、一般社団法人日本現代美術振興協会、協力:enoco

本展は、日頃から障がいのある方の表現活動に直接的、間接的に関わっている現代美術作家にご協力頂き、
自身の作品と「共通するもの」をテーマに、障がいのある作家・作品を推薦する形式で構成する
グループ展です。
障がいの有無を超えて、表現者同士という対等なフィールドに立ち、
作品同士を照らし合わせることでみえてくるものには、何があるでしょうか?
本展では、多様な視点から、キーとなる要素や言葉を丁寧に拾い上げ、
作品の魅力や作家の芸術性にアプローチすることを試みたいと思います。

出展作家:
森太三 x 藤岡祐機 / 稲垣元則 x 橋本良平 / 五十嵐英之 x 倉地雅徳 / 堀川すなお x 平野智之 /
今村遼佑 x 今村花子 / 大澤辰男 x 加地英貴

会期:2019年10月1日(火)~10月20日(日) *月曜休(10/7,14休)
時間:火曜〜土曜 10:00〜18:00/日曜:10:00〜16:00
会場:1Fルーム4
入場無料
主催:文化庁、一般社団法人日本現代美術振興協会
*文化庁委託事業「障害者による文化芸術活動推進事業(文化芸術による共生社会の推進を含む)」
*大阪文化芸術フェス2019参加プログラム

関連イベント:
(受付終了)「対話型鑑賞プログラム」10月5日(土) 13:30~15:30 (2時間)
作品を眼の前にしながら、自ら主体的によく見て、考え、話し、他者の言葉を聴いて再びみる。
こうして参加者同士のコミュニケーションの中から、作品の理解を深める対話型鑑賞プログラムです。
本展出品作品の魅力を、参加者の多様な視点を通じて、一緒に発見し、共有するワークショップを行います。

講師:京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター研究員
定員:10名程度 (要事前申込・先着順)
参加無料
申込方法:メール又はお電話にて、【お名前、人数(2名まで)当日連絡可能なお電話番号】を添え、
お申込み下さい。

*定員に達しましたので、受付を終了しました。


お問い合わせ:一般社団法人日本現代美術振興協会(担当:宮本、鈴木)
Tel:06-7506-9347
メール:info@apca-japan.org