〈こどもアート〉学科

★2018年度の〈こどもアート学科〉は定員に達したため、受付終了しました。

〈こどもアート学科〉学科

小学生を対象とした月1回の定期的なアートプログラム。現代美術家が講師を務め、基礎的な造形力、表現力、創造力を育むため、絵画、立体、版画などのさまざまな技法に触れるカリキュラムに加えて、作品鑑賞や作品の展示計画の検討にも取り組みます。楽しみながら美術を学び、子どもたちの創造力、多様な生き方への視点を養っていきます。作品鑑賞や模写はenocoが管理を行う大阪府の美術コレクションで行い、本物の美術作品に触れる機会も作ります。少人数クラスで、子どもたちの個性に寄添いながら個々の表現力、造形力、創造力を伸ばします。


お申込みはこちらから

期間/2018年9月〜2019年3月(月1回・全7回)

講義スケジュールと内容

①9月22日(土) 10:30-12:00

「なりたい自分に変身!カラフルなお面を作ろう!」

 
②10月6日(土)10:30-12:00
「enocoのいろいろな場所やものをこすってみよう!何が見えてくるかな?」(フロッタージュ)

③11月24日(土)10:30-12:00
「自分の頭像を陶器で作ってみよう(第1回)/頭像って何?まずはデッサン(設計図)を描いてみすよう」


④12月8日(土)10:30-12:00
「自分の頭像を陶器で作ってみよう(第2回)/粘土を新聞紙の芯につけて自刻像を作ろう」

⑤1月26日(土)10:30-12:00
「enocoにある美術作品の模写をしよう。よーく見たら、今まで見えなかったものが見えてくる?」

⑥2月23日(土)10:30-12:00
「カラフルな絵の具を垂らしたり吹いたりしてみんなで大きな絵を作ろう。どんな絵が出来上がるかな?」

⑦3月9日(土)10:30-12:00 会場/enoco1階・ルーム4
「作品発表会!展覧会を作って、作品にタイトルをつけてみよう!どこにどの作品を置いたらよく見えるかな?」

 

場所:すべてenoco

参加費(月謝):3.000円(材料費込)

募集人数:10名程度(先着順受付) 

申込締切日:2018年9月9日(日) ※定員に達したため受付締切ました。

対象:小学1年生〜6年生

特記事項:

・最後に作品展を開催するので、原則、全7回通しでのご参加をお願いします(単発受講不可)。

※ただし、初回開講時に定員に達していない場合、3回目の開講日までは申し込みを受け付けます(定員に達した時点で締め切り)。

・参加費(月謝)のお支払いについては、毎回現金払いでのお支払いをお願いします。

・子どもたちに集中して制作に取組んでもらうため、保護者の方のご見学はご遠慮願います。


講師

小池 一馬|画家、彫刻家。DECOBOCOプログラムディレクター。

1980年生まれ、大阪府在住。日本大学藝術学部美術学科彫刻専攻卒業。近年は架空の古代遺物としてのセラミック彫刻や、迷うための茂みのペインティングを制作している。主な展示に、TEZUKAYAMA GALLERY (大阪, 2017, 14) 、VOLTA 12(バーゼル, 2016)、VOLTA NY(ニューヨーク, 2016)、AISHONANZUKA(香港, 2016, 13)、AISHO MIURA ARTS (東京, 2013, 12, 11, 10, 09)での個展、「江之子島芸術の日々 2017 他の方法」 (大阪, 2017) 、「満ちる欠ける」hpgrp GALLERY TOKYO(東京, 2015)などのグループ展への参加がある。