enocoの学校 こどもアート学科
造形コース

★「造形コース」は定員に達したため、受付終了しました。キャンセルが出た場合のみ再募集する場合があります。再募集の際は当ページにてお知らせします。

|造形コース概要|

現代美術家2名がメイン講師を務め、基礎的な造形力、表現力、創造力を育むため、絵画、立体、版画などのさまざまな技法に触れるカリキュラムに加えて、作品鑑賞や作品の展示計画の検討にも取り組みます。楽しみながら美術を学び、子どもたちの創造力、多様な生き方への視点を養っていきます。作品鑑賞や模写はenocoが管理を行う大阪府の美術コレクションで行い、本物の美術作品に触れる機会も作ります。少人数クラスで、子どもたちの個性に寄添いながら個々の表現力、造形力、創造力を伸ばします。


|スケジュール|全11回 / ★…しこう実験コース開講日

2019年

【1】07月20日(土)
造形/しこう共通プレ・ワークショップ(北野)

【2】08月17日(土)★
○△□だけで作る、幾何学模様の手ぬぐい(野原)

【3】08月24日(土)
好きな動物に変身!カラフルなお面を作ろう!(小池)

【4】09月28日(土)★
家族の肖像彫刻を陶器で作ってみよう(第1回)/まずは設計図になる箱を作ろう!(小池)

【5】10月12日(土)★
家族の肖像彫刻を陶器で作ってみよう(第2回)/粘土を新聞紙の芯につけて肖像彫刻に挑戦!(小池)

【6】11月02日(土)★
絵の具を垂らして、みんなで大きな絵を作ろう。色と色が重なって滲んで…どんな絵が出来上がるかな?(小池)

【7】12月07日(土)
enocoの窓を貼り絵で変身!(野原)

2020年

【8】01月25日(土)★
enocoで展示されている作品の模写をしよう。よーく見たら、今まで見えなかったものが見えてくる?(小池)

【9】02月01日(土)
顔料で描く、新しい阿波座の街(野原)

【10】02月15日(土)★
作品発表会!自分たちの展覧会を作ろう(第1回)/沢山の人に見てもらうために展示案内のチラシを作ろう(小池)

【11】03月7日(土)★
作品発表会!自分たちの展覧会を作ろう(第2回)/どこにどの作品を置いたらよく見えるかな?(小池)


こどもアート学科作品展(予定)

造形コースで制作した作品の展覧会を開催します。会期中には、会場内でしこう実験コースの発表会も開催します。

会期|2020年3月12日(木)〜28日(土) 時間|10:00〜18:00 会場|enoco1階・ルーム4 ※月曜休/入場無料

★会期は変更になる場合があります。


|造形コース/しこう実験コース共通プレ・ワークショップ詳細|

〈イーチコーミング 〜そのへんに落ちてる面白いモノを拾ってみる〜〉

日 時|2019年7月20日(土) 10:30〜15:00

受講料|¥3,000(2講座受講の人も、今回は1講座分の料金で受講)

※お昼ご飯をはさみます。昼食持参。

※屋外散策を行うため、歩きやすい服装・日差し対策・水分の持参必須。


|募集(ぼしゅう)情報|

対 象|小学1年生〜6年生

定 員|13名

時 間|【1】10:30-15:00 【2】〜【11】10:30-12:00

登録料|¥3,000/年

受講料|¥3,000/回 (材料費込)


|造形・しこう2コース受講を希望される方へ|

[登録料] 2コース受講の場合は合わせて年間1人¥3,000となります。

[昼食について] 12:00-13:30をお昼休みとし、受講生の子たちが安心して過ごせるよう休憩スペースを設定します。お昼ご飯は持参もしくは、enoco館内のカフェをご利用いただくことになります。ご自宅が近い場合は、一度帰宅していただいてもOKです。


|特記事項|

・2020年3月に作品展(造形コース)を開催しますので、原則、全回通しでのご参加をお願いします(単発受講不可)。

・登録料は初回受講時に現金にてお支払いください。

・受講料の支払いについては、毎回現金払いでのお支払いをお願いします。

・子どもたちに集中して制作に取組んでもらうため、保護者の方のご見学はご遠慮願います。


|申込方法|

定員に達したため、受付終了しました。しこう実験コースは引き続き募集中です。


|講師プロフィール|

小池  一馬|美術家

1980年生まれ、大阪府在住。日本大学藝術学部美術学科彫刻専攻卒業。近年は架空の古代遺物としてのセラミック彫刻や、茂みをテーマにした水彩作品を制作している。主な展示に、TEZUKAYAMA GALLERY (大阪,2017,14) 、VOLTA 12(バーゼル, 2016)、VOLTA NY(ニューヨーク,2016)、AISHONANZUKA(香港,2016,13)、AISHO MIURA ARTS (東京,2013,12,11,10,09)での個展、「CAMA」(VOU,京都,2019)、「江之子島芸術の日々2017 他の方法」(enoco他,大阪,2017) などの展覧会への参加がある。

 

野原 万里絵|美術作家

1987年大阪市生まれ 2013年京都市立芸術大学 大学院絵画専攻油画修了 人が絵を描く動機やプロセスに関心を持ち、自身が制作した道具をもとに描いた絵画作品を発表している。また、国内外でのレジデンス経験やワークショップでの他者との協働制作を通して、新たな絵づくりの可能性を探求している。 主な展覧会に、「絵画の現在地」(500m美術館/札幌/2018)、個展「□△も積もれば◯となる」 (あまらぶアートラボ/兵庫/2017)、個展「黒をめぐる話」(新潟市新津美術館 市民ギャラリー/新 潟/2017)への参加。作家ウェブサイト→marienohara.info

 

北野 諒|大阪成蹊短期大学 幼児教育学科 講師

和歌山大学教育学部卒業、京都造形芸術大学大学院修了。学生からよく「先生は先生じゃないからな」と言われる34歳。専門は美術教育学のはずであるが【モノ】を作ったり描いたりはあまりせず、みる・感じる・考える・話す・聴く・試す・遊ぶ……といった日常の何気ない【コト】の創造性を研究テーマとしている。


主催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enoco

お問い合わせ先:大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enoco
550-0006   大阪市西区江之子島2丁目1番34号
Tel:06-6441-8050
Mail:school@enokojima-art.jp

enocoの学校 しこう実験コース>>>>

enocoの学校2019 TOP>>>>