こどもアート学科/しこう実験コース
【メンバーぼしゅう】じゆう!けんきゅう! 子どもと大人のなんだこれ?!サークル 2020

今年度もenocoでは「なんだこれ?!サークル」を開催します。表現と思考を地続きに育てる、サークル形式の連続ワークショッププログラム。さまざまなクリエーションの実例と、「やりにくい方法でやってみる」「いろんなものを組み合わせる」など思考の「型」を手がかりに、参加者自身がそれぞれの「なんだこれ?!」をかたちにしていきます。

2020年度は、郵便やメールなどを使った「通信制」で行います。毎回、さまざまな分野で活躍する“パイセン”たちからのお題に、それぞれの環境で取り組みます。

対象は小学4~6年生の子どもと、20才以上の大人。もちろん通信制だから日本全国どこからでも参加OK。

自由で創造的な表現力を身につける第一歩に。または、世界をもっと面白く感じる思考を手に入れるきっかけに。子どもと大人が刺激しあって学び合う、そんな7ヶ月間です。

みなさまからのご応募、お待ちしております。

 

※2020年7月20日 このページの最後に、「よくあるご質問」を追加しました。

 


 

なんだこれ?!サークルへようこそ!

なんだこれ?!サークルは、おもわず「なんだこれ?!」とってしまいそうなことが大好だいすきな人たちのあつまりです。自分じぶんだけの「なんだこれ?!」をかんがえたら、それを実際じっさいにやったりかたちにしたりして、だれかを「なんだこれ?!」と言わせる活動かつどうをしています。

 

 

2020年の活動かつどうは、小学4〜6年生と、20才以上の大人おとなおこないます。と言っても、みんなで集まらず、各自かくじがそれぞれのおうちや近くの公園こうえんなどで自由じゆうおこないます。毎月まいつきゆうびんでお家にとどくパイセン(せんぱい)からの手紙てがみを手がかりに、それぞれの「なんだこれ?!」を考え、それをやったりかたちにしたりして、写真しゃしん動画どうがでえのこ(enoco)におくってください。ユーチューブ番組ばんぐみでパイセンたちがコメントつきで紹介しょうかいします。

 

概要
がいよう

こうざの期間きかん:2020年9月から2021年3月まで(7ヶ月間)
対象たいしょう: 小学校4〜6年生、もしくは20才以上の大人

対象地域たいしょうちいき通信制つうしんせいのため、日本国内にほんこくないにお住まいの方ならどこでもOK

定員ていいん:小学生15名 / 大人 15名(先着順せんちゃくじゅん

募集期間ぼしゅうきかん2020年7月15日(水)〜2020年8月15日(土)

※定員に達したら募集を締め切ります。

参加料さんかりょう:小学生 15,000円(税込)/大人 22,000円(税込)

(制作費、課題提出時の郵送費等は別途ご負担ください。)

 

企画:メディアピクニック、大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]
主催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]

お問い合わせ先:

大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]

school@enokojima-art.jp (担当:山本)

 

※本プログラムは、通信制によるワークショッププログラムです。

※本プログラムは、2020年度enocoの学校こどもアート学科しこう実験コースの事業として開催します。

 

 

<プログラムのながれ>

 

(1)月の最初さいしょに、さまざまな分野ぶんや活躍かつやくする、なんだこれ?!サークルのパイセンから参加者さんかしゃへ、手紙てがみ郵送ゆうそうとどきます。手紙には、その月にとりくむなんだこれ?!サークルの課題かだいと、課題かだいおこなうための参考資料さんこうしりょう一部いちぶはユーチューブなどの動画どうが)がふくまれます。

 

(2)パイセンからの手紙をよくんで、課題をおこないます。課題といっても、パイセンが考えたなんだこれ?!をやるのではまく、自分だけのなんだこれ?!を考えてやります。なんだこれ?!に正しい答えなんかない!

 

(3)できたなんだこれ?!を、映像えいぞう写真しゃしん音声おんせいにとって、月末げつまつまでにネットでえのこ(enoco)におくってください。ネットで送れないものは、ゆうびんでもOK。おうちのネットのデータ制限せいげんのぼ回線かいせん)には、気をつけてね!

 

(4) えのこ(enoco)にとどいたなんだこれ?!は、ユーチューブ番組ばんぐみ「なんだこれ?!アワー(かり)」でパイセンのコメントきで紹介しょうかいします。みんなのなんだこれ?!は、インターネットなどで公開こうかいされます。

 

(5)1〜4を毎月まいつきくりかえします。

 

 

もう方法ほうほう

以下のフォームからご応募おうぼください。

小学生用  おとな用

支払しはらいかんして:ご応募おうぼいただいた方からじゅんにお支払方法しはらいほうほうをおしらせします。お支払方法は銀行振込ぎんこうふりこみ(りそな銀行宛)となります。

 

<ぶちょう(通期講師つうきこうし)の紹介しょうかい

◎ぶちょう 岩淵拓郎いわぶち たくろう 

こんにちは、ブチョウのいわぶちです。おもに本をつくる編集へんしゅうという仕事しごとをしています。きなものはアートです。ともだちをいえによんでパーティーをすることが好きです。好きな食べ物はぎょうざとマンゴです。食べられない食べ物はサンショウです。いろんなことにきょうみがありますが、勉強べんきょう運動うんどうもあまりとくいじゃありません。

「ブッチーぶちょう」とよんでください。

https://mediapicnic.com/

 

 

 

<ゲストパイセン(ゲスト講師こうし)>

パイセンたちのくわしい紹介しょうかいは、ページの一番下いちばんしたを見てね。

どのつきがどのパイセン担当たんとうになるかは、はじまってからのお楽しみです。

 

飯川雄大いいかわ たけひろ 

 

塚原悠也つかはら ゆうや 

 

中辻悦子なかつじ えつこ 

 

前田耕平まえだ こうへい

 

南野詩恵みなみの しえ 

 

毛利 桂もうり かつら 

 

 

<2020年のなんだこれ?!サークルのポイント>

(1)“かっこいい”も“おしゃれ”も「なんだこれ?!」から!

クリエイションの基礎体力きそたいりょくにつけよう。

 

(2)“見る“と“やる”は地続じつづき!

表現ひょうげん鑑賞かんしょう反復はんぷくしながら「なんだこれ?!」を立体的りったいてき体現たいげんしよう。

 

(3)「なんだこれ?!」をはじめるのにとしなんて関係かんけいない!

子どもと大人、おたが刺激しげきしあって学ぼう!

 

 

※小学生の保護者ほごしゃの方へのおねが

本プログラムでは、主に写真や動画で、毎月1回1〜2点の課題を提出していただく予定です。不要になったデジカメやスマホ(通信機能は不要)などを、お子さまが好きなときに使えるよう通期で貸し出していただけると、参加がスムーズになります。

また、お子さまが撮影した映像や写真を提出する際は、メールもしくは郵送でenocoまでお送りいただきます。ぜひともご協力お願いします。

動画などをメールやネット経由でご送信いただく際は、ネット回線のデータ制限にお気をつけください。USBメモリやSDカードの郵送でも構いません。

なお、子ども・大人とも、参加者が提出した映像や画像などの作品は、インターネット等で一般に公開される予定です。

 

<なんだこれ?!サークルについて>

思わず「なんだこれ?!」と言ってしまいそうなことを考え、実際じっさいにやってみたりかたちにしたりして、誰かを「なんだこれ?!」と言わせる活動かつどうをおこなう世界的せかいてきサークル。1917年に結成けっせいされたと言われているが、もっともっと前からあるというせつもある。基本的きほんてき参加さんかしかくは一切いっさいなく、せいべつ、こくせき、しゅうきょうにかんけいなく、誰でも自由に活動に参加することができる。

モットーは「なんだこれ?!はちょークール!」。

 

なんだこれ?!サークルのウェブサイト

 


 

<ゲストパイセンたちのくわしい紹介>

 

飯川雄大いいかわ たけひろ 1981年兵庫ひょうご県生まれ、同地どうち拠点きょてん活動かつどう。人の認識にんしき不確ふたしかさや、社会しゃかいの中で見逃みのがされがちな事象じしょう注目ちゅうもくし、鑑賞者かんしょうしゃの気づきや能動的のうどうてき反応はんのううながすような映像えいぞう写真しゃしん、インスタレーションを制作せいさく。2019年「六本木ろっぽんぎクロッシング2019てん:つないでみる」(森美術館もりびじゅつかん)「美術館びじゅつかん七燈しちとう」(広島ひろしま現代美術館げんだいびじゅつかん)に出品しゅっぴん震災しんさい復興支援ふっこうしえん防災ぼうさい減災げんさいのためのフリーペーパー震災しんさいリゲインプレスに「ねこ小林こばやしさん」を掲載けいさい。4月より十和田とわだ市の市街地しがいち循環じゅんかんバスに「デコレータークラブ-ピンクのねこ小林こばやしさん-」のアートバスが運行中うんこうちゅう!2020年7月は、ヨコハマトリエンナーレ2020「Afterglowーひかり破片はへんをつかまえる」(会期かいき:7月17日~10月12日)と高松市たかまつし美術館びじゅつかんでデコレーダークラブの新作しんさく発表はっぴょう予定よてい(会期:7月23日~10月18日)。 http://www.takehiroiikawa.com/

 

塚原悠也つかはら ゆうや 2006年にコンタクトゴンゾというチームを作り、体をうごかすことによって作品さくひんを作るようなことを中心ちゅうしん活動かつどうおこなっています。あまりまりを作らずに、チームのみんなでぐわーっとなぐったり、体をぶつけ合ったり、ゴムと木材もくざいで作った機械きかい果物くだもの時速じそく100キロくらいばして自分たちの体にてたりしています、あとは山の中にテントをって何日間なんにちかんらしながら写真しゃしんったりもします。芸術げいじゅつ専門家せんもんかでさえ、これは芸術げいじゅつじゃないといっておこったりするときもありますが、あまりにせずにチームのみんなでたのしく世界中せかいじゅうたびしています。

 

中辻悦子なかつじ えつこ 

1937- 大阪府生おおさかふうまれ。
平面へいめん立体りったい版画はんがなど素材そざいわず
「ひとのかたち」をテーマにした作品さくひん絵本えほんも作ったりしています。

 

 

 

前田耕平まえだ こうへい 1991年和歌山県生わかやまけんうまれ。京都市立きょうとしりつ芸術大学げいじゅつだいがく大学院だいがくいん美術研究科びじゅつけんきゅうか構想設計こうそうせっけい専攻せんこう修了しゅうりょう。人や自然しぜん物事ものごととの関係かんけい距離きょり興味きょうみけ、自身じしん体験たいけんを手がかりに、映像えいぞうやパフォーマンスなど様々さまざまなアプローチによる探求たんきゅうたびつづけている。近年きんねんの活動に、南方熊楠みなみかたくまぐす哲学思想てつがくしそうった「まんだらぼ」プロジェクトや、タイにナマズを探しにいく「パンガシアノドン ギガス」などがある。 koheimaeda.com

 

 

南野詩恵みなみの しえ 1986年大阪府出身おおさかふしゅっしん京都府在住きょうとふざいじゅう衣装いしょう作家さっか大学在学中だいがくざいがくちゅうより演劇衣装えんげきいしょう製作せいさくする。これまでにサファリ・P、Monochrome Circus、康本雅子作品やすもとまさこさくひん高橋匡太作品たかはしきょうたさくひんなど、さまざまなジャンルの舞台衣装ぶたいいしょう製作せいさく一児いちじの母。2016年、舞台芸術団体ぶたいげいじゅつだんたい「お寿司すし」を立ち上げる。さく演出えんしゅつ衣装いしょうを南野が担当たんとうし、生地きじ文字もじ媒体ばいたいとして、演者えんじゃ内外ないがいからアプローチをこころみる。
2019年 京都芸術センター×ロームシアター京都 U35創造支援プログラム”KIPPU“選出
作品映像 https://youtu.be/I2wOTxcalOs
稽古映像 https://youtu.be/37Yvg0v9WdU
Instagram @shie_minamino

 

 

毛利 桂もうり かつら 1998年からTechnicsテクニクスやポータブルプレーヤー、エフェクトなどにより独自どくじのターンテーブル奏法そうほう模索追究もさくついきゅうしつづける実験じっけんターンテーブリスト / サウンドアーティスト。 国内外こくないがい美術館びじゅつかんやフェスに参加さんか。また、京都きょうとのパララックスレコードの店長てんちょう
http://www.parallaxrecords.jp/katsuramouri/
http://www.parallaxrecords.jp

 

 


 

<ブッチーぶちょうからのメッセージ 〜 保護者の方と、大人の方へ >

 なんだこれ?!サークルは、2014年に編集者の岩淵拓郎と子ども向けアートワークショップの企画・制作を行うタチョナプロジェクト(現、一般社団法人タチョナ)が共同開発した、表現と思考のための連続ワークショッププログラムです。《なんだこれ?!》というキーワードを起点に、表現と鑑賞を地続きに行き来しながら、ジャンルや形態にとらわれることなく、参加者がそれぞれの《なんだこれ?!》を模索していきます。
 ん、《なんだこれ?!》って何? それは文字通り、疑問であり、驚きです。わたしたちはいろんな表現を見たり聞いたりして疑問に思ったり、驚いたりします。一方、それらの表現は、それを創り出した表現者の疑問や驚きがかたちや音や動きになって現れたものです。鑑賞者の《なんだこれ?!》と、表現者の《なんだこれ?!》。それらは本質的に同じものであることは、これまでのなんだこれ?!サークルで子どもたちが生み出した《なんだこれ?!》を見れば明らかです。彼らは自ら見つけた疑問や驚きをそのまま目の前に差し出し、それを受け取ったわたしたちは思わず「なんだこれ?!」と言ってしまうのです。
 今回のなんだこれ?!サークルは通信形式なので、チャレンジとして子どもと大人が一緒に参加できるようにしました。子どもと大人がともに学びあう7ヶ月になればいいなと考えています。子どもも大人も、ぜひふるってご参加ください。

ブチョウ 岩淵拓郎

 

 


よくあるご質問

Q1.  家族で参加することはできますか?

A. 可能です。ただ、お申し込み1名義につき、1メンバーと換算します。講座のはじめに参加者名(ニックネーム可)なども決めていただきますが、期間を通してその名義でご参加ください。

課題の提出に関しては、毎月交代で提出者が変わることのないようにお願いします。

・・・例・・・

OK例)親1名子ども2名、計3名のユニット名義で参加。毎月の課題提出もユニット名義での提出

NG例)親1名子ども2名、計3名のユニット名義で参加。今月の課題提出は子どもが担当。来月の課題提出は親が担当→課題提出する名義それぞれでお申し込みください。

 

Q2. 友達どうしで1名義で申し込むことはできますか?

A. 住所が違う場合は、それぞれで申し込んでください。

課題や連絡事項は1つの住所に1通お送りします。同じ住所にお住まいでない方どうしがユニットを組んで1名義で参加する場合、課題の実施や読み込みに時間がかかってしまいますのでお断りしています。

同じ住所にお住まいの方がユニットを組んで1名義で参加していただく場合は、可とします。その場合、課題提出時には毎回同じ名義でご提出ください(Q1参照)。