enocoの学校/アウトプット学科
親子で学ぶ「本格的すぎる 食のワークショップ」

enocoの学校/アウトプット学科
親子で学ぶ 「本格的すぎる 食のワークショップ」

ちまたの食育講座とは少し違う、いえ、全然違う、とびきりの「食のワークショップ」
を開催します。鶏をまるごと解体したり、道端に生息している草花を料理にしたり、
ひとつの料理が何種類もの料理に変化したり、とにかく普通じゃない!
でも、楽しく、おいしく、そして学べる親子のワークショップが開講です。

概要:全講座ともに、座学+体験調理+軽食のセットカリキュラムとなります。
場所:enocoB1F CORAL PARLOR enoco
対象:大人、子ども(小・中学生)※小学校3年生までの場合は、保護者の方もご参加をお願いします。
料金:各講座情報に記載。講座によって異なります。
※飲物(アルコール含む) は別料金
持参するもの:マイエプロン、三角巾、マスク、筆記用具
申し込み:各講座の申込フォームからお申込みください。定員に達し次第、受付を終了します。
主催・問い合わせ先:
大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)プラットフォーム部門(E-DESIGN 内)
TEL:06-4964-5151
FAX:06-4964-5152
MAIL:pf_enoco@enokojima-art.jp

アウトプット学科チラシ(PDF)

[各講座概要]
2020年12月7日(土) 14:00~16:00
『丸鶏の解体ワークショップ&試食』

 

 

 

 

 

私たちの食卓でとても身近な存在のトリ。
スーパーで何気に買う白いトレーの上のトリはどのように育って、わたしたちの食卓にやってくるのでしょうか?
鶏肉は、私たちの暮しの中でもとても身近な存在、あまりにも身近すぎて、
実は知っているようで、知らない事だらけ。
『トリ風土研究所』が丸鶏を一羽まるごと解体しながら「見て・考え・味わう」食育ワークショップを開催します。
講師:トリ風土研究所代表トリ締役 宮武 裕右氏
参加費:大人4,000円/子ども2,500円
定員:20名
申込フォーム:https://forms.gle/TTzzrGmq5kVr3Z8M9

 

2020年1月25日(土) 15:00~18:00
『切って重ねて火にかける 重ね煮バリエーション料理』

 

 

 

 

 

 

いんやん倶楽部の“重ね煮”は、素材の旨味を最大限に引き出し、
栄養素も丸ごといただける健康をつくる調理法です。
切って順に重ねて、水を入れ、ちょっとした工夫をして火にかけるだけでできちゃいます。
さらに重ね煮は、スープ・煮物・ピクルスなどへと変幻自在!
旬の食材を重ねて、色んなお料理が出来る調理方法をご指南します。
講師:いんやん倶楽部 林 麻由美氏
参加費:大人4,000円/子ども2,500円
定員:20名
申込フォーム:https://forms.gle/LTxtza1tVcLkYQmr5

 

2020年2月8日(土) 13:00~17:00
『みんなで作ろう! 摘み菜ランチプレート☆』

 

 

 

 

 

タンポポやスミレをサラダにトッピングするだけで、わくわく。
摘み菜って、身近に生えているお花や草、木を学び、摘んで食べることです。
街中で見かける“おいしい菜”を観察し、摘み菜ランチプレート作りをご一緒に!
自然がいつもとは違って見えてきます。
講師:摘み菜伝承師 藤井文子先生
参加費:大人4,000円/子ども2,500円
定員:20名
申込フォーム:https://forms.gle/6muuAAdy5ig3SnS86