大阪府20世紀美術コレクション
enocoおしゃべり美術館2019

「enocoおしゃべり美術館」は、大阪府が所蔵する[大阪府20世紀美術コレクション]を対話による美術鑑賞をテーマとしてご紹介するコレクション展で、2018年より開催しています。本展では、こどもからおとなまで、誰でも作品鑑賞をじっくりと楽しんでいただける仕掛けとして、会場内にワークシート(おしゃべりシート)や模写シートをご用意しています。また会期中には対話型鑑賞プログラム「おしゃべり鑑賞会」を開催。参加者全員でじっくり作品をみながらおしゃべり(対話型鑑賞)をします。ひとりで静かに楽しみたい、という方ももちろんいらっしゃると思いますが、本展ではぜひいつもとは違った作品鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。ご家族で、お友達どうしで、その場に居合わせた方どうしでわいわい作品についておしゃべりしながら作品鑑賞を楽しんでみてください。

■おしゃべり美術館2019チラシ


|おしゃべり美術館の楽しみかた|

①おしゃべりシート/おしゃべり掲示板

作品をじっくりみた後は、おしゃべりシートに気になるポイントや発見を書き出してみよう!おしゃべり掲示板に張り出せば、他の鑑賞者の人たちと視点を共有できますよ。

②模写(もしゃ)

じっくり模写に取り組むことが出来る模写キットを使ってみよう!言葉にすることとは別の方法で気になった作品とじっくり向き合う機会なるはずです。

③おしゃべり鑑賞会

参加者全員で作品をじっくりみながらみんなでおしゃべり(対話型鑑賞)をします。専門的な知識は不要!お友達どうしでも、お一人でも参加できます


|大阪府20世紀美術コレクション|

大阪府は、国内外の20世紀後半に生まれた美術作品を中心に、約7900点に及ぶ様々な美術作品を所蔵しています。その作品は、「関西の現代美術作家」「世界の現代美術(大阪トリエンナーレ)」「現代版画」「現代写真」を中心に、ポスターや陶磁器、書など多岐にわたます。


|対話型鑑賞とは|

複数人で1つの作品をじっくりみて、感じたこと、考えたことを同じ場にいる人たちと対話しながら、作品を読み解いていく鑑賞方法です。美術に関する知識がなくても、気軽に美術鑑賞を楽しむことができます。


|開催概要|

大阪府20世紀美術コレクション enocoおしゃべり美術館2019

会  期:2019年8月3日(土)ー9月1日(日)

時  間:11:00-18:00

会  場:enoco1階/ルーム4

入場無料/月曜休館

主  催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enoco


|おしゃべり鑑賞会|

enocoスタッフやポッセ(enocoサポーター)と一緒に、作品を1点1点じっくりみながらおしゃべりをします。

定  員:各回10名/参加無料/要事前申込(先着順)/各回14時から(1時間程度を予定)

日  程:対話型鑑賞/対象:どなたでも 8月10日(土)、24日(土)

      対話型鑑賞+模写/対象:小学生 8月15日(木)、22日(木)

申込方法:

メールまたはFAXにてお申込みください。お名前、年齢、学年(小〜高校生のみ)、日中連絡がつくお電話番号、参加希望日時をご明記の上、お申込みください。

※参加対象年齢に満たないお子様連れの場合は、お申し込み時に人数と年齢をお知らせください。

※空きがあれば当日も受け付けします。


|主催/会場/お問合せ先|

大阪府立江之子島文化芸術創造センター/enoco

住所 〒550-0006 大阪市西区江之子島2丁目1番34号

電話 06-6441-8050

FAX 06-6441-8151

メール art@enokojima-art.jp