「点⇄空間問ウ展」

 

・・・・・

・・・・・知見、発想、共に拡がりが持てる為に、対象の含む関係の把握は大切であるように思われる。

・・・・・仮に、個から客観の全体、或いは主観の全体は促えようとしても適わない。

・・・・ところが、人の意識と独立して存在する側と人の側とは、いつも相互に作用し合うので、

・・・・その対応に拠って同異、関係性が一度問われれば、不思議に全体は知れてくるのである。

・・・・点線面が腑に落とせれば、見方は、より発展させられる筈だ。

 

・・・・・テーマは、「見る事、往来する事、問う事」

・・・・・内省は、意識の素描と意識の表現と両側を描き出し、仮象として併せて展示する事を行う。

・・・・作品の種類は、平面、立体、アニメーションで予定。

 

・・・・・会 場 : ルーム4(1階)
・・・・・会 期 : 2022年5月24日(火)~5月29日(日)
・・・・・時 間 : 火=11:00~20:00 ・ 水~土=10:00~20:00 ・ 日=11:00~15:55
・・・・・主催者 : STUDIO KOKKOKU シライシ ヨシコ