広告掲載要領

当センターでは、ホームページのトップ画面に掲載するバナー広告を随時募集しています。 下記要領をご確認の上、下記までご連絡ください。

問い合わせ・申し込み先

(趣旨)

第1条 この要領は、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(以下「創造センター」という。)が、インターネット上に公開している大阪府立江之子島文化芸術創造センターウェブサイト(以下「創造センターウェブサイト」という。)に掲載する広告に関し、必要な事項を定めるものとする。

(広告の範囲)

第2条 創造センターウェブサイトに掲載する広告は、府民生活の向上に寄与するものとし、その範囲は次の各号に該当しないものとする。

(1)法令又は条例若しくは規則に違反し、又は抵触するおそれのあるもの
(2)公序良俗に反し、又は反するおそれのあるもの
(3)政治、宗教に関する主張、勧誘、批判等を内容とするもの及び主義主張などの意見広告やこれに類するもの
(4)公職の候補者(当該候補者になろうとする者及び公職選挙法(昭和25年法律第100号)第3条に規定する公職にある者を含む。)を推薦し、支持し、又はこれに反対するもの
(5)他社を排謗・中傷する内容を含むもの
(6)虚偽又は誇大な表現で府民の的確な判断を誤らせるおそれのあるもの
(7)大阪府及び創造センターが推奨しているかのような、誤解をあたえるおそれのあるもの
(8)個人や団体の人格広告を目的としたもの
(9)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律122号)第2条に規定する営業及びこれらに類似する業種
(10)社員等の求人広告又はこれに類似するもの
(11)消費者保護の観点からふさわしくないもの
(12)青少年の保護及び健全育成の観点からふさわしくないもの
(13)広告しようとする事業について官公署の免許、認可等を必要とする場合に、その免許、認可等を受けていないもの
(14)広告主(団体にあっては代表者を含む。)の行う事業又は行為が社会的批判又は指弾の対象となっているもの
(15)創造センター及び創造センターウェブサイトの公共性、中立性及び品位を損なうおそれのあるもの
(16)その他指定管理者が掲載をすることが適当ではないと認めるもの

2 前項の規定は、広告からのリンク先として広告主(次条第2項の規定により広告掲載の決定を受けたものをいう。以下同じ。)が指定したホームページ又はウェブサイト(以下「広告主ホームページ等」という。)の内容についても適用する。

(広告記載の申込及び決定)

第3条 創造センターウェブサイトに広告を掲載しようとするもの(以下「申込者」という。)は、創造センターウェブサイト広告掲載申込書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 指定管理者は、前項の申込書の提出を受けたときは、前条の規定に基づき、広告掲載の適否を決定し、申込者に通知するものとする。

(広告原稿の作成等)

第4条 広告主は、創造センターが指定する期日までに広告原稿をデータで創造センターに提出しなければならない。

2 広告原稿を作成するに当たっては、広告主は広告のデザインに関して事前に創造センターと協議しなければならない。

3 広告原稿の作成及び提出に要する費用は広告主の負担とする。

(広告の規格等)

第5条 創造センターウェブサイトに掲載する広告は、バナー広告とし、規格は次のとおりとする。

(1)大きさ  天地68ピクセル×左右224ピクセル
(2)画像形式 GIF、JPEG、PING
(3)容量   15KB以内

2 バナー広告は、創造センターウェブサイトのトップページに掲載し、掲載位置及び掲載順序は、創造センターが指定する位置とする。

3 創造センターウェブサイトへ掲載するバナー広告は、「JIS X 8341-3 高齢者・障がい者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービスー第3部:ウェブコンテンツ」の規定に配慮しなければならない。

4 前項の規定にかかわらず、バナー広告の全体又は一部を点滅させること、及びアニメーション等を用いることは認めない。

5 前各項に定めるもののほか、バナー広告のデザインに関して必要な事項は、○○と広告主が協議の上、決定するものとする。

(広告の掲載期間等)

第6条 広告の掲載期間は、1か月(毎月1日から月末まで)を単位として4月1日から翌年3月31日までの間で原則として3か月以上の期間とする。ただし、掲載終了日が3月31日の場合は、3か月未満の期間の掲載ができるものとする。

2 広告は、掲載開始日の午前10時から掲載をはじめ、掲載終了日の午後5時をもって終了するものとする。

3 広告の掲載期間中において、創造センターの都合により創造センターウェブサイトを閉鎖した時間が生じたときは、閉鎖した時間を24で除して得た数(1未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)に等しい日数に相当する期間、広告掲載期間を延長するものとする。

(広告掲載料)

第7条 広告掲載料は、次のとおりとする。
 1か月 30,000円

(広告掲載料の納付)

第8条 広告主は、広告掲載開始日までの創造センターが指定する日までに広告掲載料を一括納付しなければならない。

(広告掲載の取消)

第9条 指定管理者は、次の規定に該当する場合、広告掲載期間中であっても、広告主に通告することなく広告掲載を取り消すことができる。

(1)広告主が、指定期日までに広告掲載料を納付しなかった場合
(2)広告主が、指定期日までに広告原稿を提出しなかった場合
(3)広告主ホームページ等が事前連絡なく、閉鎖されたとき
(4)広告主ホームページ等の内容が、広告掲載申込時から変更され、第2条第1項の規定に反する状態に至っていると指定管理者が判断したとき。
(5)その他、広告主に関係する事情により、当該広告主の広告を掲載することが不適切であると館長が判断したとき。

(広告掲載料の返還)

第10条 広告掲載料は原則返還しない。ただし、創造センターの都合により広告の掲載が出来なくなった場合は、この限りでない。

(広告主の責任等)

第11条 広告の内容等による一切の責任は、広告主が負うものとする。

2 第三者から広告に関連して損害を被ったことによる請求がなされた場合は、広告主の責任において解決することとする。

(その他)

第12条 この要領に定めのない事項については、指定管理者と広告主が協議の上、決定するものとする。

附 則

この要領は、平成24年7月1日から施行する。

Copyright © Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka Prefecture. All Rights Reserved.