7.28〜8.23

「浮田要三の仕事」展

井上靖・竹中郁・坂本遼などの企画による《きりん》という子どものための詩と絵の雑誌の編集・発行に
青春の情熱を注いだ浮田要三(1924〜2013年)。ukita_poster

《きりん》の表紙の絵の依頼を通じて「具体美術協会」の代表である吉原治良と出会い、
自らも絵画を描き始め、具体の画家として活躍しました。

《きりん》はenocoからほど近い西区本田にある浮田の実家にて編集発行作業が
行われており、浮田はenoco周辺地域ゆかりの作家でもあります。

今回、没後初めて浮田の作品を数十点まとめて展示します。
子どもたちの自由な発想と表現を大切にし、自らも精力的に活動していた
浮田のその仕事を改めてご覧ください。

会期中、浮田ゆかりの人々によるトークイベントも開催します。

 

会期:2015年7月28日(火)〜8月23日(日)※月曜休
時間:11:00〜19:00(最終日は16:00まで)
場所:4Fルーム1〜3
入場料:無料
主催:「浮田要三の仕事」展実行委員会
協力:大阪府江之子島文化芸術創造センター/enoco、LADSギャラリー

お問い合わせ:
「浮田要三の仕事」展実行委員会(LADSギャラリー内)
TEL/FAX:06-6453-5706
E-mail:lads@sea.plala.or.jp

 

関連イベント

「浮田要三を語る会」
2015年8月8日(土)  15:00–16:30
ゲスト(五十音順):井上 明彦(美術家)、おーなり 由子(漫画家・エッセイスト) 、
金川 富紀子(保育造形の会研究員)、堀尾 貞治(元具体美術協会)

 

Copyright © 2017 Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka Prefecture. All Rights Reserved.