3.4
enocoの学校第4期ソーシャルデザイン入門コース:公開プレゼンテーション
『新しい大阪の魅力(スタイル)を創造する』

20160304enocoの学校_04_21

様々な社会課題に、創造的思考を持って課題解決に取り組む人材育成を目指す「enocoの学校」。
4年目の今期も多彩な講師陣によるレクチャーやソーシャルデザインの現場を訪ねるフィールド
ワークを行いながら、企画立案のためのミーティングやリサーチを重ねてきました。
約半年間で学んだことの成果として、受講生による企画提案のプレゼンテーションを開催します。
今期の受講生は多様な世代、職種が集まり、それぞれの立場から見える課題意識や興味関心を
出し合いながら5つのチームが「まちづくり」「アート」「はたらく」「子育て」「マナー」の5つ
のテーマをそれぞれ取り上げ、企画づくりに取り組んできました。
公開プレゼンテーションでは、各チームが練り上げた企画案を提案・発表するとともに、ゲスト講評
者をお招きして、専門家の視点から発表内容への好評、コメントをいただきます。
それぞれのテーマに関心のある方々、社会課題解決、ソーシャルデザインに関心のある方やこれら
の実務に携わる専門家、自治体、学生の方々など、多くの方にご覧いただきご意見やご感想をいた
だきたいと思います。


IMG_6110 昨年度の公開プレゼンテーション

ゲストクリティーク(五十音順)

小川勝(大阪府府民文化部都市魅力創造局文化・スポーツ課 課長)
1991年大阪府庁入庁。平成25年度に危機管理室参事。南海トラフ巨大地震を踏まえた
「大阪府地域防災計画」の修正等に取組む。平成27年度には、大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)館長を
経て、平成28年度から現職。「第4次大阪府文化振興計画」の策定、おおさかカンヴァス推進事業や芸術文化
魅力育成プロジェクトの実施に携わる。

野杁育郎(なにわ名物開発研究会 会長/株式会社せのや 取締役会長)
0304noiri

1948年大阪中央区生まれ。早稲田大学卒業後、月刊総合雑誌「オール関西」入社。1975年、江戸時代創業の
紙文具店「せのや」を継ぎ、現在は大阪みやげ専門店「なにわ名物いちびり庵」などを展開中。同時に大阪のまち
づくり・観光振興・活性化に奔走。日本観光研究学会会員、ジャパンベンチャーアワード2007
「内閣府、経済産業省」受賞、NPO法人全国地域産業おこしの会理事、日本観光研究学会会員、
FM大阪「なにわルネサンス大人の文化村」パーソナリティ。

若林朋子(プロジェクト・コーディネーター/プランナー)
0304wakabayashi(撮影:山本 尚明)

英国で文化政策とアートマネジメントを学んだのち、1999~2013年(公社)企業メセナ協議会勤務。
プログラム·オフィサーとして企業による文化活動の推進と芸術支援の環境整備に従事。ネットTAMの立上げ
運営にも携わる。現在はフリーランスで各種事業のコーディネート、企画立案、編集、執筆、調査研究、コンサ
ルティング、事業評価等に取り組む。NPO法人理事(芸術家と子どもたち、JCDN、アートプラットフォーム、芸術公社)、
監事(ON-PAM、音まち計画、アーツエンブレイス、TPAM)、ARTS for HOPE運営委員。
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授。大阪府市文化振興会議 大阪アーツカウンシル委員。

開催概要

日時:2017年3月4日(土)15時〜18時半
場所:enoco1階ルーム4
参加費:無料(予約不要)

主催(問い合わせ)
大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]
大阪市西区江之子島2−1−34
TEL 06-6441-8050/MAIL art@enocojima-art.jp
(アクセス)大阪市営地下鉄中央線・千日前線「阿波座駅」下車、8番出口から西へ150m。
詳しくはこちらをご覧ください。

Copyright © 2017 Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka Prefecture. All Rights Reserved.