こどもアート学科2021 作品展
と、大阪府20世紀美術コレクション

★お知らせ:4月10日(日)まで会期を延長しました!

こどもアート学科は、2018年度より毎年度実施しているこどもを対象としたアートプログラムです。
2021年度は、野原万里絵(絵画)、桐月沙樹(版画)、佃七緒(造形)、麥生田兵吾(写真)、林勇気(映像)の5名のアーティストが講師となって、多様な表現、素材、技法、作家独自の思考にふれ、楽しく美術を学びながら、表現力と創造力を育むプログラムを行ないました。
各プログラムでは、講師が大阪府20世紀美術コレクションの中から参考となる美術作品を紹介し、こどもたちは美術作品から想像力を働かせて作品制作に取り組みました。

全5回のプログラムで制作された、こどもたちの創造力豊かな作品の発表の場として「こどもアート学科2021 作品展」を開催します。参考にした大阪府20世紀美術コレクションの作品もあわせて展示します。ぜひご覧ください!

「こどもアート学科2021 作品展」フライヤー
フライヤーデザイン協力:野原万里絵、enocoキッズ(シナモン&レモン、さら&あつと)

>>こどもアート学科2021の詳細についてはこちら

 

こどもアート学科2021 作品展
会期|2022年3月8日 (火) ― 3月20日(日)4月10日(日)月曜休館
時間|12:00 – 18:00
入場無料
会場|大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco] 1階 ルーム4
主催|大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]